« 努力する事 | トップページ | フライの捕球 »

2009.07.08

打席での立ち位置

E_1

全ての投手に対して



打席の立ち位置は



必ずしも同じではない



野球用品を探す



バッターボックスに入る時、ただ何となくいつもの場所に立ってはいないだろうか。

一般的には、インコースが打てて、なおかつアウトコースにもバットが届く場所といった所が基本となるだろう。



しかし、実際は相手投手や状況によって、立ち位置を変える事が必要になってくる。



変化球が多い投手、球の速い投手。

当然違ってくる。



また、投手から見て投げやすい構え、投げにくい構えもあるという事も頭に入れておこう。

アウトコースをコントロール良く突いて来る投手などは、ベースから離れた構えは投げやすかったりする。

ボール球を織り交ぜ、際どいコースを伸び伸び攻められては、好打者でもなかなか打つ事は難しい。



そんな時は思いっきりベースに近づいて構えてみるのもひとつ。

また、自分の得意なコースに投げさせるような工夫をして、誘ってみるのも良い。



改めて見ると、意外に大きいバッターボックス。



そして、立つ場所は自由。

相手投手が投げやすい場所に構えるか、自分の打ちやすいコースに投げさせるかの違いは大きい。



打ちやすい球を待っているだけでなく、良く考えて少しでも有利に勝負出来るように工夫してみよう。






フライの捕球 のページへ







|

« 努力する事 | トップページ | フライの捕球 »

- 学ぶ事いっぱい -」カテゴリの記事

- 的確な状況判断 -」カテゴリの記事

- 野球技術 -」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182434/45575367

この記事へのトラックバック一覧です: 打席での立ち位置:

« 努力する事 | トップページ | フライの捕球 »