« 油断するな | トップページ | ジャストミート »

2007.06.11

バンザイ注意

E_1

フライの捕球は必ず後ろから



そして



やや前に出ながら捕る

野球用品を探す



フライが上がったら、すぐに落下点に入ることが大切。

その位置はボールが落ちる場所より少し後ろ。

そしてボールの落下を余裕をもって待ち、少し前に出ながら捕るようにする。

特に外野での守備では、タッチアップするランナーへの送球に備えて、やや前に出ながら捕球し、そのまま投げる体勢に移るようになる。

ただし、球を捕る事が最優先。

投げ急ぐあまりに球を落としてしまってはダメ。

充分に注意すること。



自分より後方へのフライは少し難しくなる。

この時は、落下点に向かって素早く走り、向き直って捕る。

落下点の予測とボールを見失わない事がポイント。

1番いけないのは、後ずさりしながらの捕球。

前を向いたまま、自動車がバックするようにさがるのはとても危険。

草野球で多いバンザイの元。

この体勢では、風などの急な変化に対応しにくくなってしまう。

特に、後ろへの対応。

これは、守備の基本中の基本だか、慣れてくるとおろそかになりがち。

決して忘れる事のないようにしよう。





ジャストミート のページへ





|

« 油断するな | トップページ | ジャストミート »

- 基本が大切 -」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182434/15368968

この記事へのトラックバック一覧です: バンザイ注意:

« 油断するな | トップページ | ジャストミート »