« ルールを学べ | トップページ | 行くか? »

2006.11.04

同一塁の走者

E_1

同じ塁に二人の走者



こんな時も



ルールが定めている

野球用品を探す



同じ塁に二人の走者が重なってしまう事がある。

一般的に走者が塁間にはさまれてしまった時や、次の塁を狙って途中でやめた時などに起こりやすい。

当然、打ったバッターが1塁に居るのに1塁へ戻ってしまったなんて時は戻った方がアウトになる。

問題なのは、塁が埋まってないところで塁上に二人の走者が重なってしまった時。

どっちでもいいような気がするが、権利があるのは前に居る走者の方。

タッチの順番などで、アウトになる走者は変わらない。

これは頭に入れておかなければならない。

こんな場合は、有利になる方を残すようにして、同じ塁に重ならないようにしたい。

当然、生き残るランナーは、足が速い選手の方が攻撃には有利。

足が遅い選手が残って、早いランナーがアウトになるような事は防ごう。

状況を読んで、自らアウトになると言う事が必要な場合もあるのだ。


解からなくなって両者アウトなんて事がないように、日頃の練習から意識して頭に入れておこう。

野球ルール関係の本



公認野球規則〈2006〉








行くか? のページへ







|

« ルールを学べ | トップページ | 行くか? »

- 的確な状況判断 -」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182434/12457270

この記事へのトラックバック一覧です: 同一塁の走者:

« ルールを学べ | トップページ | 行くか? »