« 野球で勝負! | トップページ | 寂しい1日 »

2006.08.02

反対側の腕の使い方

E_1

利き腕の動きは大切



しかし、もっと大切なのは



反対側の腕の使い方

野球用品を探す



投げ方の基本を学ぶのには、当然ボールの握り方から始まってフォロースルーまでの動きを意識する。

ボールを持った腕(右手)の動き、力の伝わり方で強い球が投げられるかが決まる。

しかし、忘れがちなのは逆の腕(左手)。

この使い方で利き腕を更に強く引っ張る事が出来るのだ。

仮に、全く左手を使わなかったとする。

試してみると非常に投げづらい。

紐などで、左手を体に縛りつけて投げてみると、左手が重要なことが更に良く解かる。

左手を大きく掻くように動かして見ると、スムーズに右手が付いて行く。

この動きが重要。

テレビで野球選手の投球動作を見るときは特に左手(利き腕と逆の腕)の動きに注目してみる。

すると色々な工夫を凝らして独自の動きを作っているはず。

これは、投球の最大のポイントなのでじっくり研究し自分の物にしてもらいたい。







寂しい1日 のページへ







|

« 野球で勝負! | トップページ | 寂しい1日 »

- 野球技術 -」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182434/11193892

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側の腕の使い方:

« 野球で勝負! | トップページ | 寂しい1日 »